サービス概要

Service

title_back2.jpg

組織活性化の一つに組織内の関係性を改善することが有効です。そこにアプローチするために新手法「システムコーチング®」を使った関係性コーチングをご紹介します。

​関係性コーチング

 

関係性コーチングとは

関係性コーチングとは、ある共通の目的・目標を持った2名以上の組織・チームやペア(それをシステムという)をクライアントとし、その関係性の向上に向けてアプローチするコーチングです。

 

なぜ関係性?


 

なぜ関係性か・・・。

「心理的安全性」が高い組織・チームはメンバーの安心感をもたらし、アイデアや遠慮のない話し合いができやすくなるために(思考の質)、行動へとも結びつきやすい(行動の質)。

そのことが積み重なり、結果の質に向上をもたらします(結果の質)。

 

成功循環モデル.png
chou_ttl 2.png

「成功循環モデル」図 ダニエル・キム(元MIT教授)

 

コーチングを受けると・・・?

chou_ttl 2.png
カヤック

組織が自身の関係性に向き合い始めると、いくつかの組織の課題を乗り越える力が発揮されていきます。


その過程で、組織に属するメンバーそれぞれの個が立っていき、それぞれの声がその場に立ち現れていくというプロセスを経ます。

関係性の改善により、安全性の高い組織となり、発言が増えて、行動の質が変わるという効果が見込まれます。

同時に、個のリーダーシップが引き出されるという副産物も生まれていきます。

 

どんな風にコーチングを受けるのか

理想は関係性を改善したいチームの全員が、リーダーを筆頭に毎回決められた時間に集まって、コーチングを受けること。

コーチングは、「ワーク体験」「関係性コーチングの知識を知る」「対話」を通じて、体系的に、断続的にチームとしての学びと気づきを深めていきます。

また、大事なのはコーチング時間だけではありません。次のコーチングまでの間に、チームで決めた行動を実施すること。実践と振り返りの繰り返しが、より良いチームへと意識を高めていきます。

 

FB_IMG_1521599359746.jpg
20180907_210625.jpg
chou_ttl 2.png

 

実績

14チーム 149時間

  • 社会福祉法人江東園 2015~2018年(計5システム)

  • 障がい児放課後スクール(NPO法人)

  • SI企業

  • 川崎市 不動産業(2システム)

  • プライベート プロジェクトチーム(3システム)

  • コンサルタント会社

ヒヤリング 

御社の組織の関係性に関する課題を伺います

企画提案

 どのような形でコーチングを実施するかを企画提案いたします。
 お見積もりも一緒に出します。
   また、ご担当者様にお試しのコーチングをさせていただくことも可能です

ザ・ゴー!チーム

契約

​守秘義務やご報告会などの細かなことを決めたあと、契約となります

コーチング実施

期間目安:1ヶ月1度(3〜7時間) 3〜6ヶ月継続 

コーチングスタートまでの流れ ※料金についてはお見積もりをお出しします。お気軽にご相談ください